前へ
次へ

関東と関西は、賃貸マンションの借り方の違い

関東と関西では、賃貸マンションを借りる際の初期費用における違いが存在します。一般的に関東で物件を借りる際は、敷金と礼金を払って借りる場合がほとんどです。敷金は、退去時に修繕費として使われるお金であり、使われなかった金額が一部返ってくる内容です。礼金は、貸主へのお礼のお金であり、提供してくれる気持ちのお金になります。関西での賃貸マンションは、保証金が全てであり、家賃の2ヶ月から4ヶ月ほどの初期費用を必要とします。保証金から退去時における修繕費が引かれ、敷引きと呼ばれる一定のお金が返還されない契約です。賃貸マンションを借りる際は、関東の方が借りやすく、関西は借りるために多額な初期費用を必要とすると言われています。一見、関東の賃貸マンションの方は、費用が安いように思われるかもしれません。関西は、2年ごとの契約更新料が存在せず、長く住むのであれば、関西の方がメリットが高い場合もあるのです。ただし、現在は、サービスの多様化により、関東の敷金礼金がゼロ、関西の保証金がゼロも増えており、必ず該当する話ではありません。

Page Top