前へ
次へ

賃貸管理会社とはどう付き合うべきか

賃貸管理を管理会社に任せる場合、果たしてどのように付き合えばいいかが悩んでいる人もいるのではないでしょうか。付き合い方には4つあり、一般媒介、専任媒介のほか、集金管理専任媒介と家賃保証とがあります。一般媒介は大家自身が賃貸管理をおこない、管理会社には入居者募集だけを委託します。この場合複数社に依頼も可能ですので、同じ物件を何社にも出して空室リスクに備えることもできます。ただし、この場合は不動産会社があまり本気にならず、積極的に斡旋してくれない恐れもあるので注意しましょう。専任媒介は、斡旋だけを依頼するのは同じでも、1つの不動産会社へだけ募集を依頼する付き合い方です。こちらは一般媒介より深い信頼関係が築けるので、親身な対応が期待できるメリットがあります。集金管理専任媒介は、入居者の募集と家賃集金を依頼する付き合い方です。入居者と契約し、月々の家賃の収集と退去時の敷金精算などをおこない、もし家賃滞納があったときには督促業務なども総合的に委託することができます。そして家賃保証は、委託した不動産会社が、ある一定の期間、入居者がいなくても家賃相当分を保証する契約になります。ただ内容がバラバラで、不動産会社が一括で借主となる借り上げタイプや、保証賃料を月々大家に支払うタイプなどがあります。保証金額は家賃の85〜90%前後で、家賃が変わっても支払われる金額に変更がなく、入居時に入る礼金なども大家の元には入らないので、安易に考える前に熟考が必要です。賃貸管理会社とどう付き合うかを考えるのは、経営のどこまでを依頼するかを考えることです。とても重要なことですし、面倒な業務は一切したくないというなら、例え取られるパーセンテージは高くても、丸投げできる先を検討するのもひとつの選択です。重視すべきなのは、提供されるサービス内容と支払う手数料とのバランス感です。見合う内容だと納得できるなら、それがその大家にとっての正解と言えるでしょう。

機材が揃っている新宿の撮影スタジオ
プロのカメラマンでも素人でも良い写真が撮れるように器材や小物が揃っています。

ダイキチカバーオールは大阪・名古屋・京都でマンション清掃を行っています
マンションの共用部分等、汚れやすい部分をピカピカにします。

汚れが溜まりやすい場所は専門業者ダイキチに掃除を依頼

横浜のWeb・ホームページ制作は【エムプロジェクト】

Page Top